【ちゃんとイッたら抱いてあげる~凄テク童貞と不感症女~】男性目線であらすじ、感想、女性心理考察

「ちゃんとイッたら抱いてあげる~凄テク童貞と不感症女~」(神咲めぐみ)の感想(レビュー・評価・口コミ・考察)を男性目線でまとめます。

目次

登場人物

花村翔子
恋愛にトラウマ。仕事できる。不感症。

鮫島
彼女はいたが、童貞。テクニックがすごすぎて、彼女を気絶させていた。花村の同期でライバル。

あらすじ

花村と鮫島は同期でライバルの間柄。2人は居酒屋で、「俺はテクニックがある」「私は不感症」という言い合いに。どっちが本当か勝負しようとホテルへ行き、鮫島が花村を攻めるのであった。

感想

不感症とテクニックどっちが勝つかっていうのは面白い発想でしたね。

ほこ×たて(テレビ)みたいですね😅

花村は過去に辛い恋愛の経験があって、それを乗り越えていく人間成長漫画でもあります。

というか鮫島の自分のテクニックに対する自信がすごい😅

花村と鮫島は同僚4人で温泉旅行に行きます。

同僚が同じ部屋にいるのに、2人はやりはじめます😅

やばすぎー😅

女性心理を考察

漫画の内容、女性心理やドキドキするポイントを考察しました。

  • 学んだ決め台詞→「〇〇だって女の子だろ?美人だし肌もきれい」「キスは今夜あなたを大切にしますって約束の印」「〇〇はいい女だよ」「○○にはキスマーク付けたくなる」
  • 女性は買い物好き

やっぱり女性は買い物好きなんですね。

「ちゅーは大事にしますって印」ってすごいな!

ちゅーってただしたいからちゅーするんじゃないの?😅

なんか言ったもん勝ちみたいなとこあるけど😅

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる